pain au chocolat

marquise.exblog.jp
ブログトップ

レオナール・フジタ展

7日までだったことを思い出し、慌ててレオナール・フジタ展を見に行きました◎
レオナールは改宗後の彼の名前。「藤田嗣治」の方が分かりやすいでしょうか。
過去に彼の作品を目にすることはあったものの
画集や彼に関しての書籍を手に取ることは無かったので
ほぼ「初めまして♪」の状態。先入観が無いというのもたまにはいいことです(^^)
d0000845_16322584.jpg




今回はフランスの国宝指定されている大作も展示されていて見応えがありました◎
パリで彼を著名にした乳白色の裸婦、
そして藤田といえば猫!と連想する方も多いはず。
晩年の宗教画など存分に堪能出来ました☆
レオナルド・ダ・ヴィンチを崇拝していたこともあってか
宗教画のための習作には、ダヴィンチを思わせる天使の表情が見て取れました。
 (もしかして似てると思ったのは私だけかもしれないけれど・・・)

中でも私が興味深く眺めたのは、彼自ら手がけた生活用品♪
絵付けしたお皿や水差し、Box、つい立など可愛かった~~~。
猫の絵が描かれたお皿はちょっと欲しかった!
お裁縫箱もあって、中にはハート型のピンクッションが(^^)
実際に彼がミシンをかけている写真もありました。何を縫っていたのかしら!?

私が好きなピカソやコクトーなども同様に生活用品を手掛けていますが
きっとキャンバスに向かう時とは違う楽しみを得ていたのだろうなぁと思ったりします。
そしてそんな作品が大好きです♪
↓フランス・アンティーブにあるピカソ美術館展示の絵皿。(念のため館内撮影OK)d0000845_16514040.jpg


[PR]
by rococo-robe | 2009-06-04 16:55 | その他