pain au chocolat

marquise.exblog.jp
ブログトップ

Appletonの季節

急に寒くなってきて慌てて衣類の入れ替えをしました。
今シーズン初の鍋もして冬へのカウントダウンが始まった気がします。
そんな中Appletonの糸でシザーフォブを作りました◎
((少し前に失敗したニードルブックの代替品でお友達へのプレゼントです))
しみじみと「またこの季節がやってきたのねぇ」と思ったりして。
ただでさえ仕立て下手なのにこんな小さい物はかなり危険です・・・・・。
簡単に壊れてしまいそうだけどそこは目をつぶってもらおう(笑)
d0000845_1548412.jpg
              Design : 「毛糸の刺しゅう」 雄鶏社
              Fabric : コングレス



Appletonの糸2本取りでザクザクいってます。
コットン糸と違って多少アバウトに刺しても全然大丈夫( ̄∇ ̄)
ウールはフリー刺繍の印象が強いけれど
こういったカウントステッチもモコモコして可愛いですね♪d0000845_15561926.jpg

一昨年からこの毛糸でCrewel図案を刺そうと思っていたのに
一昨年も昨年も手が出ませんでした。
考えていた図案を手直ししてちょっと小さめにしちゃおうかなぁ。

そういえば先日の「篤姫」で天障院さんも刺繍をされていましたね(*^^*)
あれは金糸???
ヨーロッパのように「刺繍は女性のたしなみ」という風潮は日本にはなかったのかしら!?
教習布なんて見たことないわ~。
日本だったら文字じゃなくて家紋とか植物かな。
[PR]
by rococo-robe | 2008-09-30 16:12 | 刺繍  Broderie | Comments(6)
Commented by りえこ at 2008-09-30 20:49 x
マリーさんがAppletonとおっしゃってたので、てっきりフリーステッチだと思ってました。
カウントステッチだったのですね、意外。でもかわいいです♪
いつも見ていないのに初めて「篤姫」を見たら刺繍してる会でした(笑)
日本で教習布っていったら、小学校のときにやる、返し縫とかボタンホールステッチの下絵が印刷されたやつですよね(^^;)
Commented by マリー at 2008-10-01 16:28 x
りえこさん>
うふふ、期待を裏切ってしまいましたね。カウントステッチでした。
確か同じ本をお持ちでは???
でも次はcrewel系の図案を刺したいと思っています。
それなのに!そのうち編もうと思っていた物を突発的に編み始めてしまいました。
刺繍以上にやめるタイミングが難しい(単にやめられない)編物を始めてしまっては例のモノグラムが頓挫してしまいそう( ̄д ̄)なるべく交互に頑張ります◎

学生の頃の家庭科はほとんど母任せで記憶がないんですっ(笑)
授業もちゃんと聞いてなかったし・・・。
ステッチの練習なんてしていたのかしら~!?
Commented by satomi at 2008-10-01 17:49 x
Appletonが手になじむ季節となりましたね。
とても綺麗な仕上がりでしかも可愛い♪
友人からも大評判ですよ~。

フフフ、私も学生の頃の家庭科は母親任せ(笑)
みなさんそうなんですね。ホッとしました。
Commented by swansea at 2008-10-01 20:05 x
ようやく、ウールの季節がやってきたという感じですね。
(暑い日が多かったので,,,)シザーフォブ可愛いですぅ~
赤い色を見ると、クリスマスを連想してしまいます。
「篤姫」見ています。昔の日本で刺繍をする場面なんて、見たことがありませんね、マリーさんがおっしゃるようにヨーロッパのような風習はなかったのでしょうか?
あったとしても、庶民ではありませんね..
編み物は何を編まれているのかな?楽しみにしていますね。
私もこの季節になると、少しやってみたくなりますぅ~
Commented by マリー at 2008-10-02 13:56 x
satomiさん>
徐々にというよりこちらは一気に冷え込んできました~。
昼も夜も手仕事に励めそうな気さえしてきましたよ(笑)
あのようなヨレヨレしたフォブですが使ってやってくださいませ~。

satomiさんは学生の頃からしっかり手仕事をこなされていらっしゃるかと思っていました。家の母は私が作ったように見せかけるためにミシンの縫い目をわざと曲げてました・・・。
しっかり母に教わっておけば良かったと今は嘆くばかりです~。
Commented by マリー at 2008-10-02 14:04 x
swanseaさん>
そういえば赤い毛糸がクリスマスもののようですね(*^^*)
同じ本にパターン違いのフォブが載っているので自分用にも作ってみたいです。
今シーズン初の編物は止まらなくなって大変です(笑)
定番ものですが柔らかいパープルで大人可愛い物になれば♪と思っています。

日本の女性は刺繍<繕い物の需要が多かったのかもしれませんね。
時代劇などでも繕い物というか仕立て(和裁?)の場面は庶民、お武家様に関わらず目にしますものね。刺繍は職人任せだったのでしょうか?
一度くらい日本刺繍の小物にチャレンジしてみたいです◎
名前
URL
画像認証
削除用パスワード