pain au chocolat

marquise.exblog.jp
ブログトップ

刺繍絵本

2年ほど前に雑誌で紹介されていた刺繍で綴られた絵本を一目で気に入りました。
ベリンダ・ダウンズさんという刺繍芸術家が物語の挿絵を刺繍で表現しています。
実際に手にしてみると、ステッチはもちろん様々な布を駆使して
とても愛らしい作品になっています。
時代背景や衣装・建物・色彩など細やかな気配りとアイディア満載◎

↑この時に彼女の絵本を2冊購入しました。
まず1冊目は「しらゆきひめ」 誰もが知っている物語ですね♪
d0000845_1447382.jpg




d0000845_144830100.jpg
今までに何度も読んだはずの物語も、布や糸を使った挿絵のお陰でますます楽しくなります◎
本当にこんな生地や糸で作られた
衣装をまとい、このようなインテリア
だったのかしらなどと想像が膨らみます。
→物語の冒頭ではひらゆきひめの
お母様が刺繍をしています♪
この当時はどんな刺繍をしていたのでしょうね。

そしてもう1冊は「きらぼしひめの物語」といって8つのお姫様の物語です。
知らないお話も含まれていて一気に読んでしまいました((^∀^))
ちなみに 1)) おひめさまとまめつぶ
      2)) カエルのおひめさま
      3)) くまひげ王
      4)) きらぼしひめの物語
      5)) ねむりひめ
      6)) 12人のおどるおひめさま
      7)) たまご王子 
      8)) シロクマ王ヴァルモン
皆さんは全部ご存知かしら???
d0000845_1535616.jpg
d0000845_154112.jpg

母はたくさん本を読んで聞かせたと言っているのですが
私はほとんど覚えていません(( ̄∀ ̄;))
写真にも残っているのですが、絵本より父が大学時代に使っていた英語の辞書が
お気に入りでいつも持ち歩いていました。
その頃の意欲が大人になっても続いていれば、語学にもがくことも無かったのに・・・
悔やまれます(笑)
[PR]
by rococo-robe | 2005-12-14 15:12 | お気に入り  favori | Comments(10)
Commented by swansea at 2005-12-14 19:40 x
こんな素敵な刺繍の挿絵の絵本があるのですね~、初めて知りました。
絵本を沢山読み聞かせされた、お母様お父様の辞書を持ち歩いていたマリーさんも凄い!きっと語学ご堪能では?
私は最近購入する雑誌まで絵本と化しているような....
Commented by Yumi at 2005-12-14 21:24 x
わぁ~♪こんなのがあるんですね~。
知りませんでした。おひめさまの本と刺繍。
うんうん、ぴったり。
その本の物語、どれも知らないかも・・・
眠り姫は、眠れる森の美女のこと??
それは紙の本なのですよね?実際の刺繍を見てみたいものです。
Commented by りえこ at 2005-12-14 22:37 x
子どもの頃と違った気持ちで、じっくりみたい本ですね。
ステッチの種類とか生地とか、チェックせずにはいられない~(笑)
「おひめさまとまめつぶ」って、えんどう豆の上に寝たお姫様のお話?
昔話って、お話をきくと、ああ!と思うけれど、タイトルだけだとあんまりぴんとこないですよねー。
Commented by マリー at 2005-12-15 10:53 x
swanseaさん>
今は絵本も多様化していて想像力が膨らみそうですよね。
私は上の兄姉のおさがりばかりだったような気がします。
雑誌の絵本化はかなり進んでおりますね(笑) 大人の楽しみということで。
語学に関しては何も聞かないで下さいませ・・・才能ないです。
洋書の文章を読んだ事がありません(( ̄∀ ̄:))

Yumiさん>
この絵本は刺繍を好む私には良い出会いでした◎
普通の紙の絵本なので残念ながら平面的です。
日本でも原画展があったようなので見に行きたかったです~。
食いついて見ちゃいますよね☆
そうそう、「眠れる森の美女」ですよ~。
Commented by マリー at 2005-12-15 10:58 x
りえこさん>
もし原画展を一緒に見に行っていたら2人で居座りそうですよね(笑)
壁紙やインテリアにかわいい花柄を使ったり、本当に楽しいです◎
童話ってタイトルが微妙に違うので???ってことが多いですよね。
まめつぶのお話はその通り、えんどう豆の上に寝たお姫様のお話です。
フレメにこの図案がありませんでしたっけ!?
ネタにしようと思ったらまた読み返してしまいました((^∀^))
Commented by メルモ at 2005-12-15 17:03 x
まぁ、こんな素敵な絵本があるのですね~☆
まさに情操教育だわ。
それにしてもまぁ手が込んでいて細かいこと!!
私も母がかなり熱心に読み聞かせをしてくれたお陰で、
子供時代→そして青春を終えた今でも読書は大好きです。

Commented by マリー at 2005-12-15 19:30 x
メルモさんは読書少女だったのですね♪
私達が知らない本をたくさん読破したのでしょうねーっ!
全部お手元に残っているのかしら!?
私は空想好きでしたが、読書というより家にたくさん揃っていた百科事典や分厚い本を眺めるのが好きでした。ちょっと変かも(笑)
Commented by selmami at 2005-12-15 20:07
わ~かわいい本ですね!!さすがマリーさんの紹介ですわ!!私も気に入りましたし娘にも見せてあげたく思いました。
マリーさんのお母様は本を読んでくださったのですね。きっとそんな思い出が一番の贈り物のような気がします。
英語の辞書ね~なんか子供ってちょっと大人の仲間入りしたようで好きなんですよね。私は父のタイプライターでした( ^)o(^ )マリーさんお若いから知ってるかな~?
↓のIndigo roseのステキですね~憧れてるのですが中々購入にまでは至っておりません。この図案はもうないのですか?ステキです。
縦長だと達成感があって好きです。あの~この中の線はバックステッチですか?
Commented by メルモ at 2005-12-16 13:47 x
私もその変な子供の一人でした。
百科事典、大好きでしたよ!!
ついでに、漢字も読めないのに普通の国語辞書とかも。。。
勉強に役立ったかどうかは別として、未知の世界みたいな感じで好きでした。
ちょっと前までは毎年出ている(今もかしら?)『知恵蔵』みたいなのも
よく見ていました。
でもそれもこれもステッチ界にはまってしまって以来、
かなり長い間ご無沙汰です・・・。
空想好きな少女時代のマリーさん、
きっとお姫様姿で社交にお忙しくていらしたのよね。。。
Commented by マリー at 2005-12-16 14:08 x
selmamiさん>
お嬢様にはお勧めかもしれません♪ 絵とは違った暖かみのようなものを感じさせてくれます。
うふふ、確か2~3歳の頃だと思うのでもう背伸びしていたのかしら(笑)
タイプライターなんてハイカラな物は我が家にありませんでした!
それとお気に入りだったのは母がビニールひも!?のような物で作ってくれたミニバックでした◎ 宝物を入れてね((^∀^))
↓この図案はまだありますよー。ダブルランニングステッチは正直嫌気がさしました(( ̄Д ̄))

メルモさん>
嬉しい、お仲間発見(笑) あのずっしりとした重みとハードカバーが好きで、いろんな分野の辞典をめくっていました~。
お気に入りは歴史&文化。辞典ではありませんがやはり旅の本も♪
そこに掲載されていたお役立ち旅行会話のフランス語を1人で念仏のように唱えておりました。どうやらその頃からフランス好きだったのかも!?
空想の世界で王子様を探していましたわ(笑)
私もステッチ界に足を踏み入れてから読書をさぼっております・・・。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード