pain au chocolat

marquise.exblog.jp
ブログトップ

Marie Antoinette

1755年11月2日、オーストリア皇女として生まれたマリー・アントワネット。
今日は彼女の誕生日、そして生誕250年です。

↑本題に入る前に刺しかけサンプラーの途中経過を。
この王&王妃様の図案に一目ぼれして、取り掛かるまでとにかく楽しみでした。
期待に胸を膨らませて刺し始めたのが春先。 なのに・・・・・
ちょっとだけ刺してその後半年もの間放って置かれていました((´0`))
最近少しずつ針を進めてなんとかここまで到達!
でもまだ半分なの~~~っ!!!
d0000845_12352048.jpg
The Restoration Smapler / Samper&Antique Needlework vol.25



さて本題。
ありきたりですが彼女に興味を持ったのは「ベルサイユのばら」からでした。
小学生の時・・・・・それはもう小学生ながらにはまって
その後学生時代は学校の図書館にある関連本を読み漁りました◎
キーワードはアントワネット・ベルサイユ、ロココ、フランス革命などなど。
宝塚の公演も通い漫画や劇中の台詞だって完璧☆
大人になってからもそれは続いています。d0000845_12594314.jpg

彼女の生誕250年記念でイベントも開催されています。
マリア・テレジアとマリー・アントワネット展」 絶対見に行くぞーっ!
性懲りも無く宝塚で「ベルサイユのばら」が再演されます。
 (ここ数年ベルばらとエリザベートに頼りすぎじゃないの!?)
そして楽しみなのがソフィア・コッポラ監督「マリー・アントワネット」です。
来年の公開予定!!! 出来るならフランス語でやって欲しいわ~。

旅の思い出を一つ・・・・・。
パリの外れにあるサン・ドニ教会には歴代の王や王妃が静かに眠っています。
もちろんアントワネットとルイ16世も革命の混乱後掘り起こされ安置されています。
私は教会近くの小さな花屋で彼女に供えようと真紅のバラを買いました。
教会では真っ先に彼女のもとへ。
ヒンヤリとした空気が流れる地下の薄暗い場所に彼女は眠っていました。
他の王達と違い彼女とルイ16世の棺だけはすぐ側まで近寄れないように
壁と鉄格子で囲まれています。
仕方が無いので鉄格子の外にそっとバラを置きました。
その後他の王や王妃達の棺やモニュメントなどをゆっくり見て回り帰ろうかと思いましたが
なんだか気になりもう一度地下へ。
ガ~~~ン、バラの花が無いっ!!! 
ちょっと泣きそうになりつつ辺りを見渡すと、教会の方でしょうか? 
鉄格子の外に置いたはずのバラがアントワネットの棺の側に置いてありました。 
またまた涙目! ありがとうございました◎
気分も晴れやかに教会を去ることが出来ました。

私はマリー・アントワネットだけが好きという訳ではなく、
フランスの宮廷文化が華やかだった時代が好きです◎
ポンパドゥール夫人も好きだし猫脚の家具だって、ドレスだって♪♪♪
但し「前世はアントワネットだったのよ」なんて痛い発想は持ち合わせていません。
でもロココ時代のフランスの貴族の令嬢だったとは信じております(笑)
[PR]
by rococo-robe | 2005-11-02 13:20 | その他 | Comments(11)
Commented by メルモ at 2005-11-02 14:24 x
マリーさんはお好きなものが一貫していらっしゃって素晴らしいわ☆彡
それがステッチにも反映されるなんて(ё_ё)
このサンプラー、好みのトーンだわ~、素敵、素敵☆
お姫さま&王子さまワールド=マリーさん、ってインプットされています。
Commented by eiko at 2005-11-02 15:29 x
いっ、いつの間にこんな大作を!?
大好きなものを刺す時ってはかどるのよね。
私もマリーさんの影響を受けてなんだかこの世界にどっぷりと
浸かってしまいそう♪
Commented by non at 2005-11-02 17:05 x
マリーさ~ん、今度の集会こそ、手を動かしましょう(笑)。
これ、持ってくるってのはどう?
私もにゃんこがんばるし♪

んまー、マリー・アントワネットに薔薇をささげたなんて、
まさに貴族のおこないねっ!
Commented by マリー at 2005-11-02 17:13 x
メルモさん>
バカの一つ覚えとでもいいましょうか(笑)
お姫様モノに弱いのは↑こういった経緯がありました。
来年ソフィア・コッポラの映画はぜひご覧になってくださいね◎
私達得意のストーリー以外の楽しみ方が出来るかも!?
サンプラーはクロスステッチが8割なのですぐにでも出来そうなのに
やっと半分ですわ。 本で見るより明るい色合いでした。
これを片付けたら新しいサンプラーを刺したいです♪

eikoさん>
はかどるはずが思いもかけず停滞! 気が進まない部分はどんどん飛ばして先に進んだ方がいいかもしれませんね。
eikoさんのように地道に頑張りますわ◎
手芸でヴィクトリアン風はよく見かけますがロココ調ってないのかしら?
でもロココ調って・・・? 研究の余地があるかしら(笑)
Commented by kako at 2005-11-02 17:16 x
ホント、いつの間に?すごーく素敵じゃないですかっ!
もう、ゼヒ完成したところを見たいです。ゼヒ拝ませて~。
マリー・アントワネットが今日お誕生日で生誕250年って初めて知り
ました。教会でのバラのエピソード、なんだか私も嬉しくなっちゃった(笑)。
Commented by マリー at 2005-11-02 17:17 x
nonさん、実は隠れ王党派です(笑) フランスの王位系統図も持っていますよ(ある意味オタク!?)
そうですね次回はステッチセットを持って手を動かしましょう♪
ネコちゃんは2匹目が出来たのでは!?
Commented by マリー at 2005-11-02 17:29 x
kakoさん、春から熟成中でした~、ちょっと復活♪
出来るならこのまま頑張って仕上げてしまいたいです。
他にもお姫様シリーズが順番待ちですし・・・(( ̄∀ ̄;))
バラの件は本当に嬉しかったです◎ そういえばこの話を披露したのは
初めてかも! 
念のため、私のHNは彼女から取ったものではありません(笑)
Commented by satomi at 2005-11-02 17:52 x
素敵♪
こういう色調、大好きです。
マリーさん、密かに大作をステッチしていたのね~。
今朝は子供たちにパンを全て食べられてしまった私。
マリーアントワネットではありませんが、「パンがなければお菓子を食べればいいわ♪」と冷蔵庫にあったエクレアをパクッ!
ダイエットには程遠いです。。。。
Commented by マリー at 2005-11-02 19:48 x
satomiさん、私もたまに外出先でランチを取り損なうと帰宅後にお菓子をパクリ・・・・・。これまた春先のダイエット宣言はどうこへやら。
「ルパン」のDVDも待ち遠しいですが↑こちらの映画のセットや衣装も
期待大ですっ♪
サンプラーはあと半分・・・波に乗れればいいのですがクリスマスも近いし、来年に持ち越しそうです。
Commented by Coco at 2005-11-03 05:38 x
Marquiseマリーさん、Bonsoir~!
遠い時代の王様と王妃様が描かれたサンプラー、素敵ですね!
ベルバラにハマった人達ってフランスの歴史やフランス革命についてすごく詳しいんですよね〜。小学校の頃そんな友人が何人かいて、マンガ借りて読みましたわ。
高校でもお隣の机だった友人がヅカファンで、ベルバラ〜オルフェウスの窓を借りて再びハマりました。マリーさんがパリにいらした時にはもちろんヴェルサイユ宮殿にも足を運ばれたことと想像しますわ。あぁ、此処がオスカル様もいらした謁見の広間、な〜んて思い出しながら見学したのではないかしら。(実は私も、、、笑)
マリーさんが悲しみの王妃(小学校の時に読んだ本のタイトルです)に捧げたバラのお話、感動的ですね。
Commented by マリー at 2005-11-03 11:24 x
cocoさん、Bonjour!!!
私達の年代ですと始まりは「ベルばら」というパターンが多いですね。
関連する場所では心の中で台詞を言ってみたり、歌を歌ってみたりと
かなり危ない存在です(笑)
処刑されたコンコルド広場、タンプル塔跡、なんといってもベルサイユ!
きっとアントワネットはフランスより日本で人気がありそうですね。
「オルフェウスの窓」も大好きですっ♪
ルイ17世の謎も気になっていましたが、こちらは塔で亡くなった少年が本人であるという結果におさまったんですよね!?
そういえばナポレオンの抜歯した歯が競売にかけられていましたね。
当時のサンプラーがあれば絶対ステッチしますのに☆
名前
URL
画像認証
削除用パスワード