pain au chocolat

marquise.exblog.jp
ブログトップ

思い出のデビュー

刺繍をしてみようと思ったのはパリで人生のロングバケーションを満喫していた時。
周りにいた友人達は何かしら自分の腕を磨くために留学中でした。
私も自分の手で何かしてみたいと模索しながら何も見つけられずにいた時
大きな生地屋さんでクロスステッチのキットを見つけました。
単に「これなら出来るかも・・・」というひらめき☆
結局それはロングバケーションも終わりに近づいた時だったので
実際にステッチをしたのは帰国後のことでした。
d0000845_1253481.jpg




クロスステッチは家庭科の授業でもしたことがなく、まるっきりの初心者。
ただ向きを揃えてXに刺していけばいいのね◎
というルールだけを自分に課して完成したのが↑この作品。
うふふふ、ご覧の通り布の中央から刺す事も知らず、適当に余白を空けて
端からステッチした結果がよ~く分かる作品です(笑)

裏も糸が斜めに渡ったり縦横無尽!!!
しかも1色ずつ制覇していったので長めに糸が渡ることも(( ̄∀ ̄;))
図案は塗り絵状態です。
それでもひたすらステッチして何日もかけて完成させたことを覚えています。
思えばこの時「次は何をステッチしようかな♪」と楽しみを抱いたことが
今に繋がっています。出会いって不思議なものですね。

あの数ヶ月にわたるロングバケーションは何にもとらわれない
人生で1番自由でいられた時間でした。
もっとあんなことすれば良かった、いろんな所に行けば良かったと悔やむことも
ありますが、私には貴重な体験。
ただパリで暮らしてみたかった」で始まったロングバケーションの意義は
私に刺繍との出会いをもたらしたことなのかな・・・・・。
[PR]
by rococo-robe | 2005-09-12 12:24 | Point de croix