pain au chocolat

marquise.exblog.jp
ブログトップ

ご心配をお掛けしました

今回の地震にあたり心配をしてくださった皆様ありがとうございました。
お陰さまで私も家族も無事に過ごしております。
コメントをくださった方お一人お一人にお返事を書くべきところですが
この場をお借りしてお礼申し上げます。


私達家族は1週間ほど不便な生活を強いられただけで、
建物も人にも何の被害もありませんでした。
まだガスの復旧には時間がかかるようですが
幸い我が家はオール電化なので電気と水が復旧して
通常の生活が出来るようになりました。恵まれています。

地震直後はライフラインがいつ復旧するのかも分からないうえに
流通が途絶え物を求めてお店の前にひたすら並ぶだけでした。
ようやく食料などは流れ始めましたが、まだ燃料は回ってきません。
各方面の方々が必死に動いてくださっていると思います。
まずは大きな被災地へ、そして高齢者や稚児を抱えている方に
一刻も早く必要物資が行き渡りますように。
なんとか元気にしのいでいける私達はまだまだ踏ん張れます◎



義両親は近所なので共に生活をしていました。
私の実家は連日報道されている大きな津波被害のあった地域です。
地震のあった夜に運よく携帯が繋がりました。
すぐ近くまで波がきたものの家も両親も無事とのこと。
ただそのあと全く連絡が取れていません。
ライフラインが全て止まっている中、食料や灯油がどれだけ残されているのか
全く見当が尽きません。
避難所には物資が届いても自宅にいる人達には何も届いていないことでしょう。
自宅難民状態です。報道もされません。
きっと近所の方々と協力しあって頑張ってくれていると信じるだけです。
ガソリンが無くて迎えにいけないのがもどかしく
若い私達夫婦が暖かい家で過ごしていると思うと情けなく悔しいです。

被災後の現地の航空写真を見ました。
懐かしい故郷の面影はなく、友人たちの家も流されていました。
ただただ皆の無事を祈るばかりです。
燃料が早く流通すること、現地のライフラインが少しずつでも復旧すること。
それを願いながら毎日1時間おきに実家に電話をかけ続けています。



これから綴ることに違和感を感じる方もいるかもしれませんが
私からのメッセージです。

連日の報道で、被災されていない方々も心を痛め恐怖を感じたり
何か出来ないかと悩んでいるかもしれません。
福島原発の影響で関東地方は計画停電など不便もあることでしょう。
でもどうか普段の生活を続けてください。
楽しいと、心穏やかに思える環境に身を置き
笑顔で日本を明るくしてください。
不謹慎だとか罪悪感を感じたとしても普段の生活を続けて
日本の経済を回してください。経済が冷え込まない様に。
きっとそれが今後の復興のためになると思います。


こんな時ではありますが、停電中に夜空を見上げたら星がとてもキレイでした。
あんなに大きくはっきりとした北斗七星を見たのはいつ以来でしょうか。
皆の願いが想いが星に届きますように。
[PR]
by rococo-robe | 2011-03-20 13:59 | その他